【釜山】「虚心庁」を温泉ライターがレポ<ホテル農心に併設>

スーパー銭湯

世界中の温泉を巡るのが夢のおふロック(@ohu_69)です。

韓国の釜山一番有名なスパ・虚心庁に行ってきました。

というのも、大阪ー釜山の航空券がLCCのセールで往復8000円以下と破格の値段で手に入ったからです。

日本の温泉は結構巡っているのですが、海外での温泉は初体験なのでドキドキしながら訪れました。

日本の温泉との違いなど、実際に行ってきた感想を踏まえて説明していきたいと思います。

虚心庁(ホテル農心)のアクセス

虚心庁の最寄駅は韓国地下鉄1番線の温泉場(オンチョンジャン)駅

釜山金海空港から電車でアクセスも可能です。

まず空港線に乗って、沙上駅で地下鉄3号線に乗り換えてください。

そこから、西面で地下鉄1号線に再度乗り換えし、温泉場駅を目指してください。

韓国の電車は難しいという方はぜひ、韓国地下鉄というアプリがおすすめですよ!

コネスト韓国地下鉄路線図・乗換検索

コネスト韓国地下鉄路線図・乗換検索

KONEST INC.無料posted withアプリーチ

温泉場駅から施設まで徒歩約10分

5番出口から出てください。すると、歩道橋に連結しているので、進んで、階段を右に下りていきましょう。隣には「農心ホテル」という大型のホテルがあるので、すぐ分かると思います。

農心ホテル

虚心庁は東菜温泉を代表する温浴施設

虚心庁があるのは、東菜(トンネ)温泉という温泉郷です。

虚心庁の入口

683年の記事に新羅の宰相が東莱温泉に入浴した記録が残っており、1,300年以上の歴史を持つ温泉です。

インパクト大のモミュメントがお出迎え

温泉郷は自然の中にあるのではなく、雑多な街中のなかにあり、温泉を兼ね備えたホテルが一帯にあります。風情あるひなびた感じというより、スーパー銭湯より規模が大きい大型の健康ランドといった感じです。

泉質は世界でも珍しいマグネシウムを多く含む単純食塩泉

無味無臭で硫黄臭や鉄っぽさはなく、湯当たりもしにくいです。

その中にある虚心庁は5つの泉源を持ち、45℃~60℃の温泉を貯水タンクで冷却してから湯船に注いでいます。

入口からエスカレータや階段を上って5階の受付に向かいましょう。

虚心庁の入館料

入館料は下記の通りです。

  平日 週末・祝日
大人 ₩10,000 ₩12,000
小学生 ₩8,000 ₩8,000
小人 ₩6,000 ₩6,000

韓国のサウナ・ハンジュンマクも₩2,000追加すれば利用できます。

※2019年11月訪問時

ちなみに僕は併設の「農心ホテル」に宿泊したので無料で入ることができました(ハンジュンマクは別途)

フロント

エスカレーターや階段を上がっていくと、フロントがあるので受付を済ませてください。

日本語の掲示もあるので、ご安心を。

すると鍵をもらえます。その鍵は靴箱と衣服の2つのキーを兼ね備えています。靴を入れて脱衣所に進んでください。

料金は後払い制で、帰る際に支払います。

スケール大の虚心庁で湯めぐりを楽しもう

脱衣所で身支度を済ませて温泉へ。

スケール大の温泉

まず入ってその規模感に圧倒されます。

でっっっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!

4,000㎡もある敷地内でとにかくめっちゃ大きいです。

天井がドーム状になっており、とても開放感があります。

ドーム型の天井

また、いたるところにお風呂やサウナがあります。

ざっとお風呂を紹介していきます。

結構熱めの設定の古代檜風呂。

古代檜風呂

打たせ湯はかなり勢いがあります。

打たせ湯

みなさん、ご自身の患部に当てていました。

個人的には足の甲に当てたのが気持ち良かったです。

終わったあとに足が軽くなった気がしました。

温水のミニサイズのプール

プール

ぬるめの浴槽で、みんなスイスイ気持ち良さそうに泳いでいました。

洞窟風呂

洞窟風呂

さまざまなお風呂がある洞窟風呂。

露天風呂

露天風呂

屋外で外気浴をすることもできますよ。

サウナ

サウナは3つ種類があり、低温、中温、高温などそれぞれ温度が異なっていました。

水風呂

サウナ近くにあるほか、露天など計4箇所くらいあります。

飲食エリア

ジャグジー&プールサイドバー

プールサイドバーみたいな感じで、ドリンクやアイスも購入でき、その場で飲んだり食べたりできます。

僕はメロンのアイス(₩1,200)を食べたのですが、これがとても美味しかった!

ふと横を見ると、おっちゃんがホットコーヒーを全裸で優雅に飲んでいて、その姿がシュールでした。

 

アカスリコーナーもあります。

アカスリ

施術時間を尋ねると10~15分とのこと。

 

洗い場も広々としています。

洗い場

シャンプーやボディソープ、タオルなどは浴場に備え付けがあるので、手ぶらで訪れることもできますよ。

虚心庁には韓国式のハンジュンマクもある

温泉の料金に₩2,000を追加すれば、ハンジュンマクを利用できます。

汗蒸幕(ハンジュンマク)とは、韓国式のサウナ

ドーム状の蒸された部屋のなかに入ることで、多量の汗をかき、新陳代謝の向上が期待できます。

ハンジュンマク

広い休憩スペースもあります。

休憩エリア

脱衣場とハンジュンマクのエリアは階段でつながっているので、移動も楽チンです。

ハンジュンマクに続く階段

虚心庁の個人的な感想

まとめると、いろんな湯船に入れて楽しかったです。

異国の地で歩き疲れていたので、疲れが取れて気持ち良かったです。

僕が入ってきた中で間違いなく、一番大きな温浴施設でした。

日本と違う点はあるかというと、正直一緒かなぁと。

唯一違っているのは飛び交っているコトバだけで、みんな気持ち良さそうにお風呂に使っていました。

お風呂は万国共通ですね!

観光客だけでなく、地元民らしき方も多くいらっしゃって、地域にも愛されているのだなぁと思いました。

釜山に行った際はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

以上、おふロックでした♨

 

関西空港から韓国に行かれる方は、フライト前後に温泉に入ってみてはいかがでしょうか?

【口コミ・評判】アクアイグニス 関西空港に温泉ライターが潜入!
2019年11月にニューオープンした「アクアイグニス 関西空港」のリアルな情報を温泉ライターがご紹介。実際に行ってきたからこそ分かる、アクセス、温泉、食事処、カフェスペースなど項目ごとに分かりやすく説明しています。

コメント