【お風呂で読書】Audible(オーディブル)を使ってお風呂に入りながら本を聴こう!

家のお風呂

本を読みながら、お風呂に入るのが大好きなおふロック(@ohu_69)です。

 

湯船に浸かりながら、本を読んでまったりするのっていいですよね?

 

しかし、お風呂で本を読むには常に危険が隣り合わせ。

 

紙の本を濡れないように慎重に持ち込んで、
湯船の水や滴り落ちる汗がかからないように
細心の注意を払わなければなりません。

 

これでは読書も集中できません。

 

ですが、僕がAudible(オーディブル)を使うようになってから、このようなストレスから解放されました。

本を持ち込む必要がなくなったからです。

 

今回は、湯船に浸かりながら読書ができる

Audibleの魅力について書いてみました。

Audible(オーディブル)とは?

Audibleとは、本の朗読を聴いて楽しむサービス。

 

アプリやPCサイトから、ダウンロードしたオーディオブックや会員向けコンテンツが楽しめます。

 

料金は1500円(税込)/月額 

 

メンバーになれば、毎月1コインもらえます。

この1コインを使って、オーディオブック対応の書籍をダウンロードができます。

(コインは1500円以上のオーディオブックでも購入可能なのもポイント。)

また、NEWS PICKSで会員限定に配信している有料コンテンツなどを無料で聴けます。

 

しかも、ダウンロードしたオーディオブックは退会したあとでも聴くことができます。

 

めっちゃお得です!

 

唯一デメリットをあげるとしたら、まだまだKindleに比べ本の種類が多くありません。

 

なので、小説や専門書などを読みたい方は少し物足りないと感じるかも。

 

ですが、ビジネス書の品揃えは豊富なので、お試し期間にオーディオブックを1冊もらって、考えてみる価値は大いにあります!

Audible(オーディブル)はお風呂のなかでも使えるの?

Audibleはお風呂で使えるの?という話ですが、

ジップロックに入れて、スマホを持ち込めばばっちり使えます!

 

浴室でオーディブルを使うと、

音が反響して立体的に聞こえるのもいいところ。

 

お風呂に入りながら、目をつぶってきくと目も疲れないですし、

リラックスしている状態で聴くと内容もスッと入ってきます。

 

紙の本をお風呂に持ち込むと

本が湿気て、しなしなになってしまったり、

誤って本を水没させてしまったりすることも。

 

Audibleなら、そんな心配もありませんね!

防水のBluetoothのスピーカーを併用するのがおすすめ

スマホだけでもボリュームをMAXにすると、

iPhone10の場合、十分に音が聴こえました。

 

大きな音で聞きたいって人やスマホの人は、

防水のBluetooth(ブルートゥース)のスピーカーを使用するのをおすすめします。

 

このスピーカーはもう3年近く愛用しています。

Audibleの本を聴くだけなく、音楽を聞くこともできる優れモノです。

 

故障もせず、水がかかっても大丈夫なので長持ちしますよ!

 

防水のBluetooth(ブルートゥース)のスピーカーはこちら。

まとめ

お風呂で読書を楽しみたい、Audibleがとてもおすすめです。

 

月額1500円なので、1冊本を買う人なら確実に本を取れますよ!

 

現在なら、1ヶ月無料キャンペーンしているので、

一度加入して試してみてから検討しても良いと思います。

 

本からの学びは本当に大きいです。

僕自身、知識や考え方など人生の大切な多くは本から学びました。

 

  • お風呂で本を読みたい人
  • なかなか本を読むの続かない人
  • 買っても積読になってしまう人

 

Audible(オーディブル)で本を聴くという、

新たな読書習慣をはじめてみませんか?

コメント