温浴施設や入浴剤などをPRします

【サウナー必見】フィンランドにあるサウナのことわざ8選

サウナの生まれた国フィンランドでは、サウナに関する ことわざがたくさんあります。   サウナは病気を治すよ!というものから サウナは女性をきれいにするよ!というものまで。   ことわざを知ることで、フィンランド人がいかにサウナが生活と深く関わっているか? を読み取れますよ。   今日はサウナーの僕が数あるサウナのことわざから、8つ紹介します! フィンランドにあるサウナ […]

ふぁいてんの湯の口コミ・評判まとめ【ダルビッシュ選手などアスリートも愛用】

最近は家風呂にハマっているおふロック(@ohu_69)です。   家風呂で湯船に浸かるだけでも良いのですが、入浴剤を使うとよりGOOD!   疲労回復や免疫力向上など、入浴のたくさんのメリット効果的に受けられます。   今回は、数ある入浴剤のなかでも「ふぁいてんの湯」を紹介します。   「ふぁいてんの湯」を買ったきっかけは、メジャーリーガーのダルビッシュ有選 […]

【リアルな口コミ】BARTH (バース)を温泉ライターが使った感想<寝坊危険>

仕事でもプライベートでも温泉に通う、温泉ライターのおふロック(@ohu_69)です。 最近はコロナのため、外出を控えて悶々としている方も多いのではないかと思います。   でも部屋にずっといたら、体力も落ちてしまうし、ストレスがたまりますよね。   そんな時は自宅でお風呂で温まりましょう!   免疫力を高めることもできますし、ストレス解消にもなります。   た […]

BARTHなどの重炭酸泉とは?温泉ライターが効能を解説!

温泉を愛してやまないおふロック(@ohu_69)です。   重炭酸泉温浴を知っていますでしょうか?   ぐっすり眠れた 便秘が改善した 免疫力を上がる   などの良い評判や口コミを聞きますが、 正直、本当に効果あるの?と懐疑的でした。   そんな時、ある本に出会いました。   「重炭酸温浴はなぜ身体にいいのか」です。   重炭酸温浴はなぜ […]

【お風呂で読書】Audible(オーディブル)を使ってお風呂に入りながら本を聴こう!

本を読みながら、お風呂に入るのが大好きなおふロック(@ohu_69)です。   湯船に浸かりながら、本を読んでまったりするのっていいですよね?   しかし、お風呂で本を読むには常に危険が隣り合わせ。   紙の本を濡れないように慎重に持ち込んで、 湯船の水や滴り落ちる汗がかからないように 細心の注意を払わなければなりません。   これでは読書も集中できません。 […]

 【幸福湯】20代の女性が銭湯を継いだ理由はシンプルだった

和歌山市にある「幸福湯」は、創業60年を超えるレトロ銭湯。 2019年4月のリニューアルを機に、当時26歳の中本有香さんが4代目の番頭になりました。   幸福湯を営む家に生まれた中本さん。 小さい時から生活のすぐそばに銭湯があり、銭湯を経営する上での大変さなど、業界のリアルな内情を一番知っているはず。   そんな彼女が、銭湯を継いだワケは?決意の原動力は?などを聞くために、特別 […]

【サウナあり】京橋の銭湯「ゆ〜でるらんど 都」を写真付きで紹介!

銭湯を愛する、おふろライターのおふロック(@ohu_69)です。   京橋はビジネス街とディープな下町エリアが混在するエリア。 有名企業のオフィスが多数ある一方、大衆居酒屋やお姉ちゃんのお店があるなど、下町情緒あふれる街でもあります。   大阪人に京橋で有名なところは?と質問すれば 真実の口 グランシャトー などと返ってくるかもしれませんが、   僕の場合「ゆ〜でるら […]

キセラ川西の「湯櫻」の口コミ・評判は?|キンコン西野が作ったスーパー銭湯

この記事を読んで分かること 「湯櫻」ってどんなところか? 「湯櫻」までのアクセスについて 「湯櫻」のリアルな感想(お風呂ライターが語る) 年間100以上の銭湯、温泉、スーパー銭湯を巡っているおふロック(@ohu_69)です。 川西市にあるスーパー銭湯「美健SPA湯櫻」に行ってきました。 ※以下「湯櫻」   「湯櫻」は、2019年8年にオープンしたスーパー銭湯です。 キングコングの西野亮廣 […]

【釜山の温泉】虚心庁(ホシンチョン)を写真付きで紹介|ホテル農心(ノムシン)に併設

世界中の温泉を巡るのが夢のおふロック(@ohu_69)です。 韓国の釜山で一番有名なスパ・虚心庁に行ってきました。 というのも、大阪ー釜山の航空券がLCCのセールで往復8000円以下と破格の値段で手に入ったからです。 日本の温泉は結構巡っているのですが、海外での温泉は初体験なのでドキドキしながら訪れました。 日本の温泉との違いなど、実際に行ってきた感想を踏まえて説明していきたいと思います。 虚心庁 […]