【8選】日本橋、なんば、心斎橋の銭湯、スーパー銭湯を温泉ライターが伝授!

大阪在住の温泉ライターのおふロック(@ohu_69)です。

今回は日本橋、なんば(難波)、心斎橋にある銭湯やスーパー銭湯、カプセルホテルのお風呂をまとめました!

地元民の僕がすべての訪れたお風呂で、アクセス方法やおすすめポイントも詳しく紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

目次

末広湯

まずはじめにご紹介するのは、『末広湯』。

近鉄・大阪メトロの日本橋駅から徒歩2分で、黒門市場のすぐ近くにあるレトロ銭湯です。

毎日6時から夜遅くまで営業しており、市場に勤める人から飲食関係者まで、 さまざまな人に愛されています。

こじんまりした浴室は、地下水を使用した水風呂、無料のスチームサウナなどもあり、どこか落ち着く空間です。

おふロック

地下水を使った水風呂の居心地がたまりません!

貸しタオル、貸しバスタオル、石鹸、シャンプー、リンスの付いた手ぶらセットもあるので、体ひとつで気軽に行けるのもうれしいですね。

■詳細データ

住所

大阪府大阪市中央区日本橋1-16-5

アクセス大阪メトロ日本橋駅から徒歩2分
料金大人(中学生以上)490円、中人(小学生)200円、小人(0歳から幼稚園児)100円
営業時間6時~25時30分
定休日月曜
駐車場なし
HPなし

なんば温泉

『なんば温泉』は大阪メトロなんば駅、南海難波から徒歩4分にあるレトロ銭湯。

こじんまりしつつも、気泡風呂や電気風呂、クリニックバスなど種類豊富な湯船があります。

サウナを利用するには別途200円必要ですが、ラドンスチームは通常料金のみで使えるのもポイント。

おふロック

お湯には100%軟水を使用しています。

浴場内全てに100%軟水を使用しており、やさしい肌ざわりのお湯が体を包み込んでくれます。

湯あがり後は広々としたロビーで、ほっと一息したりコーヒー牛乳を飲んでリラックス。

銭湯に来た気分を味わえ、至福のひと時を過ごせますよ。

■詳細データ

住所大阪市浪速区難波中3-4-10
アクセス大阪メトロ・南海なんば駅から徒歩4分
料金大人(中学生以上)490円、中人(小学生)200円、小人(0歳から幼稚園児)100円
営業時間14時~24時30分
定休日木曜
駐車場なし
HPhttps://osaka268.com/sento/%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%b0%e6%b8%a9%e6%b3%89/

AMZA(アムザ)

大阪メトロ・南海なんば駅から徒歩4分の『AMZA』は、日本最大級の男性専用のカプセルホテルで、日帰り利用も可能です。

おふロック

2020年2月にはIKIサウナが誕生!

リニューアルした「IKIサウナ」にはオートローリュがあるほか、15時30分〜1時間おきに毎日8回ロウリューも開催。

「水風呂」や「流水プール」、0℃の冷気シャワー室「ペンギンルーム」もあり、サウナ好きにはうってつけのスポットです。

■詳細データ

住所大阪市中央区千日前2丁目9-17アムザ1000千日前中央ビル7F
アクセス大阪メトロ・南海なんば駅から徒歩4分
料金

レギュラーコース2,300円、1時間コース1,300円、早朝コース(5時〜10時)1,400円

営業時間12時~翌朝10時
定休日無休
駐車場50台(7時~25時は300円/20分、平日最大料金(12時間)1,400円、深夜1時以降夜間料金+ 時間料金土日祝最大料金(12時間)2,000円、深夜1時以降 夜間料金+ 時間料金、夜間料金深夜1時~早朝7時1,000円)
公式HPhttp://www.daitoyo.co.jp/spa/amza/

湯源郷 太平のゆ

大阪メトロ大国町駅から徒歩2分、なんば駅から徒歩約12分の木津市場内にある『湯源郷 太平のゆ』。

都心にいながら広々とした空間で入浴できるスーパー銭湯です。

免疫力を向上させてくれるといわれる「ラジストン風呂」や、なめらかな肌ざわりの「シルク風呂」があります。

露天エリアには、血流を良くしてくれる高濃度炭酸風呂のほか、信楽焼の「壷湯」など趣向を凝らした湯船が勢ぞろい。

遠赤外線ドライサウナでは、時間ごとにロウリュも行っており、汗を流すことができます。

おふロック

岩盤浴も楽めます!

漫画が読める岩盤浴(別途料金)もあるので、ゆっくりと過ごしてみるのもいいですよ。

■詳細データ

住所大阪市浪速区敷津東2-2-8
アクセス大阪メトロ大国町駅から徒歩2分、大阪メトロなんば駅から徒歩12分
料金

大人(中学生以上)850円、小学生以下400円

※岩盤浴は大人(中学生以上)750円、小学生以下400円

営業時間8時〜25時(最終受付:お風呂24時、岩盤浴:深夜23時 岩盤エリア深夜24時終了
定休日無休(臨時休業あり)
駐車場350台(入浴で2時間無料。岩盤浴も利用で4時間無料。館内施設ご利用金額により1,500円…1時間無料、3,000円…2時間無料)※1日最大6時間無料
公式HPhttp://www.taiheinoyu.jp/mysite13/indexn.html

清水湯

大阪メトロ心斎橋駅から徒歩4分の『清水湯』は若者のカルチャーの発信地・アメリカ村にあります。

入り口の自動ドア、フロントまでのエスカレーターはこれぞ都会の銭湯と言った感じ。

浴場は脱衣所の上の階にあるので、らせん階段もしくはエレベータで向かいます。

温度の異なる湯船のほか、電気風呂やジェットバス、水風呂などがあります。

なかでも注目なのが一番右側にある44℃もある湯船。あまり入っている人はいませんが、個人的には、この湯船と水風呂を交互に入るのがとてもおすすめです。

おふロック

サウナとラドン風呂は入浴料プラス料金が必要!

入浴料に追加料金を払えば、サウナやラドン風呂に入ることもでき、温冷浴を決めることができますよ。

■詳細データ

住所大阪市中央区西心斎橋1-4-18
アクセス大阪メトロ各線心斎橋駅から徒歩4分
料金

大人(中学生以上)490円、中人(小学生)200円、小人(0歳から幼稚園児)100円

※サウナとラドン風呂は別途240円

営業時間6時〜24時
定休日日曜
駐車場なし
HPなし

あかし湯【閉業】

※2020年12月に閉業されました。

夜の街・宗右衛門町の近くにある『あかし湯』は最寄駅は近鉄・大阪メトロ日本橋駅から徒歩6分。

脱衣場の入り口を開けると、左手に洗い場・右手に湯船があるシンプルな作りです。

ずらりと並ぶ湯船は電気・超音波・遠赤外線・深風呂など種類が豊富。

中二階につながる奥の階段を登れば、200円で入れるサウナのほか、こじんまりした湯船があり、1人の時はプライベート空間を楽しめます。

27時30分まで営業しており、ホストのお兄さんからも愛されています。

■詳細データ

住所大阪市中央区東心斎橋2-2-17
アクセス

近鉄・大阪メトロ日本橋駅から徒歩6分、心斎橋駅から徒歩9分

料金

大人(中学生以上)450円、中人(小学生)150円、小人(0歳から幼稚園児)60円

営業時間12時〜27時30分
定休日日曜
駐車場なし
HPhttp://osaka268.com/osakasentou/あかし湯(中央区)/

ヘルシー温泉 桜川

「ヘルシー温泉 桜川」は、大阪メトロ桜川駅から徒歩2分の場所にある赤と黒の力強い外壁がトレードマークの銭湯です

シンプルな造りで、主湯のほか、座り湯や電気風呂、ラドンスチームなどがあります。こちらは水風呂がとっても冷たく、サウナ料金を払えば最高の交互浴も楽しめますよ。

6時から営業しているので、朝風呂ができるのも魅力です。

 

詳細データ

住所

大阪市浪速区桜川3-1-13

アクセス

大阪メトロ・桜川駅から徒歩2分

営業時間

6時〜24時

定休日

年中無休

料金

大人(中学生以上)490円、中人(小学生)200円、小人(0歳から幼稚園児)100円

駐車場

なし

HP

https://www.tateba.com/onsen/sakura.html

ヘルシー温泉 タテバ

「ヘルシー温泉 タテバ」は先ほど、紹介した「ヘルシー温泉 桜川」の姉妹店の銭湯。

大阪メトロ桜川駅から徒歩7分と電車でアクセスもできるほか、無料駐車場があるので車でもOKです!

銭湯には珍しく一日ごとに男湯と女湯が入れ替わります。

塩サウナとミストサウナのあるタイプの浴室と、遠赤外線サウナと高温風呂があるタイプの浴室の2種があり、偶数日と奇数日に訪れてどちらも体験するのがおすすめです。

おふロック

食事処も併設しており、うどんやカレーライスを食べられます

また、毎日翌5時までの営業しているので、夜遅くにお風呂に入りたくなっても行けますよ!

詳細データ

住所

大阪市浪速区桜川2-14-19

アクセス

大阪メトロ・桜川駅から徒歩7分

営業時間

14時~翌5時

定休日

年中無休

料金

大人(中学生以上)490円、中人(小学生)200円、小人(0歳から幼稚園児)100円、サウナ別途240

駐車場

あり

HP

https://www.tateba.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか?なんばはお風呂のイメージはあまりないですが、実は点在しています。夜遅くまで開いている場所もあるので、終電を逃した際にも利用するのもいいですよ!

都会のイメージの強い大阪ですが、郊外にはたくさん温泉があります。

こちらもチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一人暮らしをきっかけに銭湯にハマる。平日はITベンチャー企業で勤めながら、休日は銭湯やサウナのYouTube動画を作っている。

目次